借り換えガイド.biz

借り換えローン比較サイトです。今借りているローンを他の会社から借りたお金で一括返済、新たに返済するローンの組み直しをする借り換えについて解説しています。是非参考にしてみてください。

 
 


三菱東京UFJ銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン 限度額 10~500万円※
※学生の方は10万円、主婦の方は30万円以内の利用限度額有
金利 年4.6%~年14.6%
大手会社で安心!!スピーディーに対応してくれて、最短即日利用も可能です。はじめての方にもおすすめで、100万円以下なら収入証明が不要です。



住信SBIネット銀行カードローン
住信SBIネット銀行カードローン 限度額 最高1,000万円(10万円単位)
金利 年1.89%~年7.99%
利用限度額が最高1,000万円と高額&超低金利が魅力的です。もちろん他社からの借り換えもOKで、所定の条件を満たせば金利の引下げになる可能性があります。



オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
利用限度額 最高800万円(10万円単位)
金利 3.0%~17.8%
おまとめ&借り換えにおすすめ!!来店・口座開設不要!!限度額300万円以下なら所得証明書が不要です。最短即日審査可能なので、急な出費も安心ですね。




借り換えってお得なの?


ローンそのものの金利を下げるテクニックの一つとして、『借り換え』があります。

借り換えはあらゆるローンで用いることのできる有効なテクニックであり、住宅ローンや自動車ローンといった一般のローンから無担保のローンまで、借り換えを行う事で金利を下げる事が可能です。

あなたも賢く、借り換えで低金利キャッシングにのりかえてみませんか?


ローンの借り換えについて検討する人が多くなりましたが、借り換えローン商品を提供している金融機関のことは、よく調べて検討しなければなりません。

これまで返済してきたローン商品は契約当時に検討する十分な時間がなく、とりあえず事前に審査で通った金融機関から借り入れたという方もいるでしょう。

特にそういった場合には、借り換えをすることによって返済条件がより有利なものになるという可能性があります。

新たな返済先となるローンの提供金融機関について十分に調べておかなければ、逆に損をしてしまうことにもなりかねません。そのようなことがないように当サイトでは、金利の低いおすすめのカードローンばかりをご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

借り換えローン商品を提供している金融機関についてよく調べてみると、都市銀行や信託銀行では変動金利型の商品に力を入れているところが多いことがわかります。

住宅ローン融資を専門にしている金融機関もあり、そのような場合には固定金利型住宅ローンとして代表的なものである「フラット35」だけが取り扱われているという場合もあります。

また、歴史が新しいインターネット銀行では、サービスの独自性もかなり強くなっています。
店頭での手続きがありませんから手数料が抑えられていて、手続き自体も比較的簡単なものになっています。

ただ、人によって返済の方法は違います。ブランドや口コミの情報ばかりを気にしすぎていると、自分に合っている返済方法を選ぶことができなくなる可能性もあります。

例えばこちらの借り換え比較ネットでは、借り換えでどのくらいお得になるか簡単に調べられるツールもあります。現在の借入状況を入力することで、借り換えた場合の節約額がわかるので参考にしてみてください。



借り換えローンの提供金融機関の安心度


借り換えローンの利用を検討するにあたっては、ローン商品を提供している金融機関をどれだけ信頼することができるのかという安心度もかなり重要なポイントになります。

保証料が無料になっていること、繰り上げ返済の手続きが簡単であることなども大切ですが、将来の万が一といったことも考え、特定の病気に対して疾病保証がついているといったものまであります。

保証が充実している借り換えローンを提供しているような金融機関は、安心感もかなり高くなります。

ただ、疾病保証がついているとしても、それが有料となるとあまり意味がありません。それであれば、別に生命保険へ加入すれば良いということになります。

疾病保証や保証料は無料であればお得ですし、安心することもできるというものです。保証料が無料であれば、借り換えるときに手続き上必要になる金額も少なくなりますから、借り換えがスムーズになります。

余計な手数料がかからず、保証もしっかししているとなると、万々歳ですよね。さらに繰り上げ返済も1円から行うことができるということになると、少しずつ前倒しの返済もすることができて余裕も生まれます。

金融機関に対する安心は個人の主観によるところもありますから、借り入れる側次第でもあります。いろいろな金融機関を比較して、じっくりと選びたいところです。

もしものことを考えて、面倒がらずに借り入れの状況について定期的に見直す必要がありますよ。



借り換えキャッシング審査を通過するコツ


ついついキャッシングを重ねてしまって、返済額が手に余ってくるようになったなどというような状況を放っておくのは良くありません。

多重債務などと聞くと「自分はまだそんなに深刻な状況にまで至っていない」と軽く考えているかもしれませんが、多重債務になってしまうのは小額でも複数件のキャッシングを重ねるところから始まるわけです。

返済日に決して遅れることなくきちんと返済していくことは当然ですが、件数が幾つかあると返済日忘れや返済額の把握など煩雑になってきますし、そもそも分散した返済では金利の面でも不利です。

借り換えをして返済をまとめ、金利を低く設定することで総返済額や毎月の返済額を抑えることができる可能性がありますので、是非とも検討してみましょう。

このサイトでは、借り換えるためのキャッシング審査を通過するコツについて箇条書きにしてご紹介します。


・申し込みの前に「お試し審査」的なものがあれば活用してみましょう。

・キャッシング申し込みフォームの連絡先には自宅や勤務先の電話番号を必ず記載しましょう。また、申し込みフォームの記載漏れやミスがないように見直しましょう。

・使っていないようなカードは全て解約しましょう。

収入(年収)などについての質問には正直に答えましょう。この時の申告を正確にしておかないと、後で調べたときにわかってしまい不利になります。

・調べればわかることですから、借り入れ件数も正確な申告が必要ですが、他社の借り入れ件数は多くても3件までに借り換えや返済などでまとめておきましょう。

・借り換えの申し込み先は慎重に選び、一度に何社にも申し込みをしてはいけません。先方にはわかるようになっていますので審査に不利になります。